KURAKU blo.

初心者です。何卒お手柔らかにお願いいたします。
Ask me anything

カバーしたアーティスト

秋吉敏子(1956年、アルバム『ザ・トシコ・トリオ』収録)
ASKA(1988年、アルバム『SCENE』収録)
アン・サリー(2003年、アルバム『moon dance』収録)
石川さゆり(2001年、アルバム『石川さゆり音楽会 2001秋』収録)
INO hidefumi(2006年、アルバム『Satisfaction』収録)
UA(2010年、アルバム『KABA』収録)
EPO(2001年、アルバム『Air』収録)
おおたか静流(2002年、アルバム『恋文』収録)
奥田民生(1993年、DVD『OKUDA TAMIO LIVE SONGS OF THE YEARS』収録)
小田和正(2007年、アルバム『服部良一 〜生誕100周年記念トリビュート・アルバム〜』収録)
川中美幸(2006年、アルバム『川中美幸 服部良一を唄う』収録)
黒川泰子(2002年、アルバム『Beautiful our LOVE』収録)
桑田佳祐(2010年、自身のラジオ番組の特番にて)
香西かおり(2001年、アルバム『綴織百景VOL.8 のすたるじい』収録)
KOKIA(2008年、アルバム『Fairy Dance 〜KOKIA meets Ireland〜』収録)
胡美芳
サンディー(1990年、アルバム『Come again』収録)
島谷ひとみ(2012年、アルバム『Sign Music』収録)
ジュディ・オング(1969年、オムニバスアルバム『レコード生活40年記念 服部良一魅力のすべて』収録)
庄野真代 with 浜田山~ず(2001年、アルバム『Time Traveller vol.1 時代の夜汽車』)
高畑充希(2014年、西門希子名義、連続テレビ小説『ごちそうさん』劇中歌、同サウンドトラック『連続テレビ小説「ごちそうさん」オリジナル・サウンドトラック ゴチソウノォト おかわり』収録)
多岐川舞子(1995年)
戸川純(1982年、テレビドラマ『刑事ヨロシク』劇中歌)およびゲルニカ(アルバム『GUERNICA IN MEMORIA FUTURI』『蛹化の女~蜷川実花セレクション』収録)
TRY-TONE(1997年、アルバム『A Cappella 1』収録)
夏川りみ(2007年、アルバム『歌さがし 〜リクエストカバーアルバム〜』収録)
二階堂和美(2008年、アルバム『ニカセトラ』収録)
初音ミク
100s(2007年、アルバム『ALL!!!!!!』収録)
平原綾香(2003年、シングル「Jupiter」収録)
藤田恵美(2008年、アルバム『ココロの食卓 〜おかえり愛しき詩たち〜』収録)
HONZI(1996年、アルバム『one』収録)
マーティン・デニー(1958年、アルバム『Exotica 2』収録)
美空ひばり(1963年)
みとせのりこ(2010年、アルバム『yorlga』収録)
八代亜紀(2007年)
山本潤子(2000年、アルバム『C’est du nanan!』収録)
雪村いづみ(1974年、アルバム『Super Generation』収録)
遊佐未森(2002年、アルバム『檸檬』収録)
渡辺美里(2002年、アルバム『Café mocha 〜うたの木〜』収録)
米良美一 (1996年、アルバム『母の唄 日本歌曲集』収録)

太陰太陽暦にもとづく七夕を「伝統的七夕」と呼んでいます。

もともと七夕の行事は、7月7日といっても現在使われている暦ではなく、旧暦など太陰太陽暦の7月7日に行われていました。これは、月齢およそ6の月が南西の空に輝く夏の夜になります。現在の暦での7月7日は、たいてい梅雨のさなかで、なかなか星も見られません。そこで国立天文台では2001年から「伝統的七夕」の日を広く報じていくことにしました。

太陰太陽暦は、明治6年に現在の暦が採用されるよりも前の暦で、現在は公には使われていません。このため、伝統的七夕の日は、太陰太陽暦による7月7日に近い日として、以下のように定義します。

二十四節気の処暑(しょしょ=太陽黄経が150度になる瞬間)を含む日かそれよりも前で、処暑に最も近い朔(さく=新月)の瞬間を含む日から数えて7日目が「伝統的七夕」の日です。

老牛吃嫩草

発音:ラオニォウツーネンツァオ lao3 niu2 chi1 nen4 cao3(数字は声調です)

意味:年をとった牛は柔らかい草を食べる
→おじさんが若い女の子と付き合う

「ガタタン」は、北海道・芦別市の名物料理。「ガタタン」には白菜、ニンジン、イカゲソ、豚肉、山菜、ダンゴなど10種類以上の具材が入っている。豚骨や鶏ガラなどがベースのとろみがあるスープに、最後に溶き卵を落として完成。

名前の由来は、中華料理の「含多湯(がたたん)」にあると言われる。戦後、中国北東部から引き上げてきた村井豊後之亮氏が、大陸の家庭料理をヒントに創作し、芦別でデビューされたのがその始まり

「ゴッコ汁」は、北海道の南部で収穫される魚、ゴッコ(ホテイウオ)を使用した鍋料理。北海道の郷土料理として親しまれている。
『飛ぶものは飛行機以外、四足のものはテーブル以外、泳ぐものは潜水艦以外なんでも食べる』とオーバーに形容されるほどの食材の豊富さが第一の特徴

中国各地の七夕の風習

(1)嘉興———七夕「香橋会」
 中国浙江省の嘉興市(かこうし)には七夕「香橋会」と呼ばれるものがある。人々は毎年七夕の日に集まってきて、「香橋」と呼ばれる橋を作る…
 
(2)湖南省、浙江省———女性は髪を洗い、露を集める
 七夕に女性が髪を洗うという面白い風習を記載した文章が、湖南省と江蘇省・浙江省一帯にある…

(3)中国西南地区———草花でつめを染める
 七夕の日につめを染める風習に関する記載が、四川省の多くの県や貴州省、広東省など西南地区一帯に残っている…
 
(4)広州———仙人を迎える
 広東省広州市の「乞巧節」は独特の風習がある。「乞巧節」の時期になると、女性たちは色紙、カミヤツデ、綿のひもなどを使って編んだ精巧なおもちゃを作り、節句を迎える準備をする…
 
(5)陝西省———手先の器用さを競う
 陝西省の黄河の上流および中流域に広がる高原地域では、七夕の夜にさまざまな「乞巧」に関する行事を行う風習があり…
 
(6)広西チワン族自治区———七夕の日に水をためる
 広西チワン族自治区のある地域では七夕の日に水をためる風習がある。人々は七夕の日にためた水を「双七水」と呼び、この水で体を洗うと厄を追い払うことができるとされる…
 
(7)山東省———「巧菜」を育て「巧花」を作る
 山東省栄城市(えいせいし)には少女が杯の中で麦芽を育てる「巧菜」と呼ばれるものと、少女が小麦粉で花付きの食べ物を作る「巧花」と呼ばれる二つの行事がある…
 
(8)紹興市———かぼちゃ棚で内緒話を盗み聞き
 浙江省紹興市(しょうこうし)の農村では七夕の夜に、嫁入り前の少女が一人で、よく育ったかぼちゃ棚に隠れ…
 
(9)福建省仙游県———大豆と落花生の炒めものを作る
 福建省仙游県(せんゆうけん)の各家庭では七夕の日に砂糖、大豆、生の落花生を使った豆の炒めものを作る…

(Source: amanatsumikan)

(Source: fukenobuya)

More Information